1. トップ
  2. クンニのテクニック

生理中のクンニは性病のリスクが高い?男もヤバい?

こんにちは。舐め犬のイーサンです。

クンニされたいという女性と会う約束してると前日に「ごめんなさい、生理が来ちゃったんですけど…」と連絡が来ることがあります。クンニをされる女性の多くは自分の生理周期を考えて約束の日を決めてることが多いのですがときどきサイクルが乱れることがあるのでこういうことが起こります。

それでも私はなるべく会うようにしています。経血の臭いに興奮するからとかい変態チックな理由ではありません。次につながることが多いからです。それにその子がめちゃくちゃ可愛かったら損ですからね。生理中でも頑張って舐めるということです。

生理中のクンニは高リスク?

生理中にクンニするうえで心配なことといえば血が流れてくるのでそれがこちらの体内に入って変な病気にならないか?ということですがこれは生理中に限らずリスクがあると思っておいたほうが良いです。

ただでさえ口の中は粘膜なので雑菌が入り込みやすい場所です。口内炎や出血があるとそこから入り込んでしまうこともあります。

クンニには咽頭淋菌や咽頭クラミジアなどに感染するリスクがあるのです。生理中に流れ出てくるものというのは体内で不要になったものですから色々な雑菌も含まれています。通常時よりも感染のリスクは高いかもしれません。

ちなみに生理中のアソコを舐めたあとはすぐに口の中をきれいにしたいと思うかもしれません。だからといって歯磨ブラシでゴシゴシするのは控えたほうが良いです。歯茎が傷ついてそこから雑菌が入る可能性があります。

まずは洗口液などですすぐことをおすすめします。私はいつもクンニの前後は洗口液を使っています。ラブホテルにはたいてい2,3個おいてあります。漫画喫茶でクンニすることもありますからバッグの中にもポーションをつねに常備しています。

また生理中は女性側も抵抗力が落ちているため性病にかかりやすくなるといわれています。

生理中でも快適にクンニする方法

生理中のクンニには感染症のリスクだけでなく臭いの問題もあります。よほどのマニアでもない限りは血生臭いアソコに顔を近づけるのは抵抗があるでしょう。まして舐めるなんて……。

でも女性は生理中でも舐めてくれた男に股だけでなく心も開きます。実際に生理中にクンニした相手はリピート率が高い気がします。そこで生理中でも安全かつ快適にクンニする方法を紹介します。

シャワーで流しながら舐める

まず1つは相手が生理と言ってきたときに「気になるようだったらシャワーで流しながら舐めようか?」と提案することです。

自分が舐めたくないからシャワーを使うのではなく、生理中のマンコを見せるのは抵抗があるだろうからという建前にするのです。この提案をするとほとんどの女性がそうしたいと言います。

流しながらであれば臭いはほぼしません。それに清潔なので気分的にも安心です。さらにシャワーを上手くつかうことで女性側も快感を得られるのです。

臭いつきのローションをつかう

臭いつきのローションを使うという方法もあります。こちらも血の臭いはほとんど気にならなくなります。

それだけではなく女性側も気持ち良さが増すことがあります。個人の好みにもよりますがクンニや挿入ではローションがあるほうが感じるという女性は多いです。

女性器に塗る前に自分の手で温めてあげないと「冷たいっ!」となってしまうの注意しましょう。ローションは小さいものなら300円くらいからあります。

それからシャワーを使うときもローションを使うときでも生理中のクンニはクリトリスを中心に行いましょう。鼻がそこよりも上にいくので臭いもしにくくなりますしシャワー後なら生理中でもクリはわりと綺麗です。

「生理が来ちゃったんですけど…」は遠まわしの質問である

ちなみに前日になってやっぱり知らない男にいきなりアソコを舐められるのは怖いと思ってキャンセルする子も生理を言い訳にすることがあります。

その場合は「生理になっちゃったんでゴメンなさい。またの機会にお願いします」と最初からハッキリと断ってきます。

でも本当に生理が来てしまったけどクンニはして欲しいと思ってる子は「生理が来ちゃったんですけど…」と連絡してきます。要するに「それでも舐めてくれますか?」ということを遠まわしに聞いているのです。

このとき断られたと勘違いして「じゃあまた今度にしよう」と言ってはいけません。

仮に次回の日程を決めたとしてもそれまでにほかの舐め犬に行かれてしまう可能性があります。明確に断られていないのなら女性側は会いたいと思っていると判断したほうが良いです。とくに舐め犬を募集している女性はセックス目的で約束した女性よりもドタキャン率が低いのです。

「シャワーで流しながら舐めれば恥ずかしくないでしょ?」と言ってあげてください。